くる病とは


ビタミンDとくる病


ビタミンDは腸からのカルシウムとリンの吸収に必要なビタミンで、これが不足するとカルシウムもリンも吸収されなくなって、血液では低カルシウム・ 低リン血症という状態になります。低カルシウムになると、体は副甲状腺ホルモンの分泌を増やし、カルシウムをなんとか正常値に戻そうとしますが、副甲状腺 ホルモンは腎臓からのリンの排出を増やすので、低リン血症はますます強くなってしまい、くる病となるのです。ビタミンDは食品から摂取されるものと、皮膚 に日光が照射されることによって皮膚でつくられるものがあり、これが肝臓と腎臓で活性化されて働きます。栄養状態の良くないかつてのわが国では冬場に多数 のくる病の発生がありましたが、栄養状態の良くなった1970年代以降ではほとんどみることのできない珍しい病気になっていました。ところが1990年代 になってからは再び発生が増えてきているようです。ビタミンDを多く含む食品は卵、魚類ですが、アレルギー疾患の増加に伴い卵の摂取を控えることが増加し たことや、魚離れが再度増加してきたことが原因の一つです。また、日光照射による皮膚障害を過度に忌避する最近の風潮も原因となっていると思われます。治 療は不足しているビタミンDを補充することですが、わが国には保険の適用で処方できるビタミンD単独製剤がなく、市販されている肝油キャンディーやサプリ メントを自費で使用するか、活性型ビタミンD製剤を内服することが行われています。
 ビタミンD摂取不足や日光照射の不足以外に、肝臓病などの消化器疾患によるビタミンDの吸収の不足、慢性腎臓病によるビタミンDの活性化の不足などもく る病の原因になります。また珍しい原因としては、遺伝的に腎臓でビタミンDを活性化できない場合やビタミンDの作用を細胞に伝える蛋白質に問題がある場合 があります。これらの場合には、活性型のビタミンD製剤が治療に用いられます。

田中 弘之 / 岡山済生会総合病院小児科 診察部長

次のページへ >>


2525B006602