くる病


くる病とは


骨は鉄筋コンクリートにたとえることができます。鉄筋に相当するのがコラーゲンなどの蛋白質で、コンクリートがカルシウム、リンです。骨のなかではカルシ ウムとリンが結合してハイドロキシアパタイトという結晶をつくって、骨の硬さを保っているのです。これが不足すると骨は柔らかくなります。この状態を骨軟 化症といいます。子どもでは骨の端に成長軟骨板という特別な構造があり、この軟骨が石灰化して骨に置き換えられて骨が長くなります。しかし、カルシウムと リンが足りないと石灰沈着が起きず、この置き換えがうまくいかなくなって、成長軟骨板がぎざぎざになったり横に広がったりして骨が伸びなくなります。この 状態をくる病と呼びます。つまり、くる病は成長軟骨板がある子どもの骨だけに発生する骨軟化症の一症状なのです。くる病になると、骨は伸びなくなります。 また、横に広がった成長軟骨板は体の外側からでもみることができ、肋骨に起きると前胸部の中央から1/3ぐらいの場所に縦方向に並ぶ数珠上の腫れとなり、 これを肋骨念珠と呼びます。同じように手首の部分も腫れます。また、骨が柔らかくなり、変形します。最もよくみられる骨の変形はO脚です(図1)。乳幼児 期はもともとO脚傾向にあり、骨が柔らかくなることによってそれがより強くあらわれるのです。下方の肋骨には内側に横隔膜という強力な筋肉が付着している ので、この部分も変形し内側に引き込まれます。これをハリソン溝と呼びます。このほか、背骨も弯曲してきます。子どもの骨は柔らかくなっても、弱くなって ポキリと折れることは少なく、若木骨折という不全骨折の形になり、これはX線では横方向に走る細い白い直線としてみることができます。これが、ポキリと折 れてしまう骨形成不全症とは大きく異なる点です。 
 

田中 弘之 / 岡山済生会総合病院小児科 診察部長

次のページへ >>


2525B006402